遺贈による寄付制度

学校法人 同朋学園は、文政九年の「閲蔵長屋」を原点に、親鸞聖人により明らかにされた浄土真宗の教えを根本とする同朋和敬「共なるいのち」を建学の精神として、多くの先達や交友の方々に支えられてきました。

学園関係者のみならず広く一般の篤志家の方々、建学の精神にご賛同をいただける皆様から学校法人同朋学園を支援していただくため、平成19年度より「遺贈による寄付制度」を発足しました。

「遺贈」とは、相続人どうしの心を煩わすことなく、ご自身の思いを遺言により財産を贈与することによって、社会貢献を可能とするものです。

遺贈による寄付の仕組み

学校法人同朋学園に遺贈による
寄付をお考えの方

↓ ご相談

同朋学園 本部事務局 総務部
052-411-1111

↓ ご紹介

三井住友信託銀行

財務コンサルタントなどの専門知識を有する職員がご寄付(遺贈)を含む遺言書の作成に関してご相談をお受けいたします。

遺言書の作成と遺言書の管理・保管

遺言書の保管中は、信託銀行による「遺言内容」「財産」「相続人・受遺者」などの変更について毎年定期的に、ご本人に照会します。

遺言書の執行

ご逝去の通知を受けた信託銀行は、保管されている遺言の内容に基づき、ご遺言を執行いたします。

相続税の優遇処置

同朋学園に遺贈をいただいた場合、その遺贈財産に限り相続税の非課税財産となります。

学校法人同朋学園 活動報告

同朋和敬「共なるいのち」を建学の精神とする同朋学園傘下の同朋大学、名古屋音楽大学、名古屋造形大学、同朋高等学校、同朋幼稚園における社会貢献の一例をご紹介いたします。

同朋大学

「いのちの教育センター」を設立し、人間の命の尊厳について研究し、その成果を社会に発信しています。

(詳しくは、同朋大学のホームページをご参照ください)

名古屋音楽大学

「演奏部」がオペラなどの大規模企画から施設や市町村を巡回しての公演を通じ、音楽による心の優しさやひとと、ひととの暖かさを伝える活動をしています。

(詳しくは、名古屋音楽大学のホームページをご参照ください)

名古屋造形大学

各種のプロジェクトの展開を通じて「共に生きる」地域社会との関わり合いを大切にしています。プロジェクトの1つに愛知県小牧市民病院や足助病院で実践している「やさしい美術」があります。

(詳しくは、名古屋造形大学のホームページをご参照ください)

同朋高等学校

2006年9月「名古屋平成中村座」の興行を通じ体得できた「ありがとう」の感謝の気持ちを教員・生徒が共有しています。

(詳しくは、同朋高等学校のホームページをご参照ください)

同朋幼稚園

毎朝のほとけさまへのご挨拶や食事前の合唱などを通じて建学の精神を惜しみなく注いでいます。

(詳しくは、同朋幼稚園のホームページをご参照ください)